東京の弁護士が男に殴られペニスを切断された挙句、イチモツを便所に流される事件が発生!

強烈なニュースが本日2015年8月13日に飛び込んできた!

 

現場は東京都港区。

 

ソースは下記をご覧になって欲しい。


8月13日朝、東京・港区虎ノ門のビルの弁護士事務所で、男性弁護士(42)の顔を数回殴ったのち、はさみでペニスを切り取った容疑で、東京・中野区の大学院生、小番一騎(こつがいいっき)容疑者(24)が逮捕されたという。

 

小番容疑者は、男性弁護士の顔面を殴り、意識が朦朧としたところでズボンを脱がせて枝切り用のはさみでペニスを切断。

 

取り調べに対して小番容疑者は「切断したペニスはトイレに流した」と供述している。

 

小番容疑者の妻は同弁護士事務所に勤務しており、妻を巡る何らかのトラブルがあったとみて、警視庁は詳しい経緯を調べているという。

 

小番容疑者は、現場に駆けつけた警察官に、現行犯で逮捕された。

 

男性は、意識はあり、命に別条はないという。

 

別ソース
13日午前7時55分ごろ、東京都港区虎ノ門のビル4階にある弁護士事務所で、弁護士の男性(42)が暴行され倒れていると消防から警視庁赤坂署に通報があった。

 

同署員が駆け付けたところ、男性が倒れており、病院に運ばれたが重傷。同署は、現場にいた男を傷害容疑で現行犯逮捕した。

 

同署によると、男は東京都中野区上高田の大学院生小番一騎容疑者(24)。逮捕容疑は、同日午前7時40分ごろ、男性の顔を数回殴打し、意識がもうろうとなったところで下腹部を枝切りばさみ(刃渡り約6センチ)で切断した疑い。「間違いない」と容疑を認めているという。


このニュースを見た瞬間、阿部定事件を思い出したのは私だけでは無い筈・・・阿部定事件の場合は仲居であった阿部定が愛人とセックス中にペニスを切断したと言う話であったが、今回の事件は男が男のペニスを切断したと言う前代未聞の事件である。

 

弁護士がボクサーにペニスを切り取られる事件

 

注目したいのは、この男の行動である。何故か、自分の妻を連れて被害者の弁護士事務所に乗り込んでいる。そして妻は元々この法律事務所で勤務していたらしいのだ・・・

男女トラブル・セクハラ・不倫関係

自分の妻を引き連れている状態での凄惨な犯行・・・思わず上記のようなキーワードが頭に浮かんで来た。

 

この大学院生小番一騎容疑者であるが、ネット上で検索してみると彼はプロボクサーを目指す男であると言う事が分かった。

階級
スーパーライト級
戦績
0戦 0勝(0KO)0敗0分
出身地
東京都世田谷区
血液型
O型
始めたキッカケ
親の勧め
好きな女性のタイプ
意思が強い人
目標・夢
法曹
好きなボクサー
モハメド・アリ

ファンに一言
見かけた方は気軽に声かけてください。

ボクサーが殴るという時点で相当の覚悟があって犯行に及んだと推測出来る。そして、男女トラブルが大きな原因という事で間違いなく不倫や浮気かセクハラなどのトラブルがこの弁護士と犯人の妻との間であったのではないか?と推測出来る。

 

個人的な推測ではあるが、彼は相当真面目な人格だったのではないか?そしてプロボクサーであるから、素人の42歳の男なら数発殴れば意識朦朧とさせる事は簡単だろう。

 

そして、事前に用意していた

「枝切りばさみ」を使い弁護士のペニスを切断・・・

どう考えても相当の恨みがあっての犯行だったのだろう。

 

間違いなく彼のやった事は重罪であり、相当な法の裁きを受ける事になるだろう。しかし、私が重要視したいのは犯人の妻と弁護士がどのような男女関係にあったのかだ。余りにもこのボクサーにとって残酷な男女関係があったのであれば、その責任を犯人だけに擦り付けるのは道徳的に問題があるようにも感じる。

 

男なら誰でもペニスの重要さは身に染みる程分かっている。それを、何の迷いも無く切断してしまう残酷さ・・・私はこの犯人は相当な恨みを持って犯行に及んだと確信している。

 

もし、この事件の原因が男としての我慢の限界を超える「理由」があったとすれば、報道したマスメディアはその犯行の原因と理由についてまてしっかりと責任を持って報道すべきだと感じる。

 


PAGE TOP